冷え性、頭痛、肩こり、腰痛、スポーツ障害、坐骨神経痛、更年期障害、自律神経失調症、うつ病などでお悩みの方はご相談ください。

はり・きゅう癒久
301-3455 はり・きゅう癒久
鍼灸 癒久 冷え性 肩こり 腰痛 自律神経失調症 うつ病
東洋医学のマメ知識
痛みを取り除くツボ
頭痛のツボ

かんこく 陥谷 頭痛に効くツボ首や肩のコリからくる頭痛に効くツボ

  頭全体や前頭部がしめつけられるような痛みを感じる頭痛は首や肩の緊張が原因で起きる緊張性頭痛と呼ばれています。細かい手仕事や長時間のパソコン作業などで目の疲れからくる頭痛の場合など、このような頭痛は陥谷(かんこく)を指圧します。

   また頭全体が重い、にぶく痛む頭痛の場合は、天柱(てんちゅう)のツボが効果的です。

 

● 頭痛(前頭部が痛む場合)=陥谷(かんこく)/
ツボの位置:陥谷(かんこく)のツボは足の人指し指と中指の間をなで上げるとすぐに指がくぼみのところで止まります。頭痛のある人はここが腫れている場合があります。

押し方:親指をツボに当ててほかの4本の指を足の裏側にまわし足をはさみこむようにして、やや強く指圧します。(3~5分※断続圧法

 

通谷(つうこく) 頭痛に効くツボ

後頭部の頭痛に効くツボ

● 頭痛(後頭部が痛む場合)=通谷(つうこく)/

   通谷は膀胱系の関連経路が整ってきます。
ツボの位置:足の第5指の付け根にぶつかります。その手前のくぼみに通谷のツボはあります。
押し方:横すわりをして同じ側の手の親指の腹の先を直角にあてます。
※断続圧法で、3〜5分くり返します。

 

 

 

 

252押し方


※断続圧法
1)  1、2 と数えながら、浅くサッと圧を加えます。
2)  1、2、3、4、5 と数えるあいだ押し続けます。
3)  1、2 と数える間に、サッと力を抜き指を皮膚から離します。
2、5、2 を3〜5分間くり返します。

偏頭痛(へんづつう)

風池(ふうち)偏頭痛改善のツボ頭痛が起きそう、と感じたときに効果的

  左右どちらかのこめかみの周辺がズキンズキンと脈打つように痛む偏頭痛。欠陥性頭痛ともいわれ、女性に多く見られます。ストレスや疲労のほか、月経周期に影響すると考えられています。風池は「悪い気が(邪気)が池のようにたまるところ」という意味です。頭痛が起きやすいひとは、このツボを押す習慣をつけると予防できます。

風池(ふうち)/

   側頭部が痛む場合。偏頭痛のある人は、風池のツボのまわりの筋肉が硬くなっていてしこりがあります。
ツボの位置:耳の付け根の後にV字にとがった乳様突起(丸いでっぱり)があり、その最下端とぼんのくぼの中央を結んだ線上の中間点が風池のツボ。
押し方:偏頭痛のある側の風池を刺激します。偏頭痛のある側のツボ周辺は硬いしこりになっています。
   ほおづえをつくようにツボと同じ側のひじをテーブルにつき、親指の腹で頭の重みを指にかける要領で指圧しましょう。※緩圧法で指圧します。

575押し方


※緩圧法
1)  1、2、3、4、5と数えながら、圧を加えます。
2)  1、2、3、4、5、6、7 と数えるあいだ深く押し続けます。
3)  1、2、3、4、5 と数える間に、力を抜き指は皮膚から離しません。
5、7、5 を3〜5分間くり返します。

 

膝(ひざ)の痛み 改善のツボ
ふうし 風市 陰谷(いんこく)/

 膝内側上後方の痛みに効果的なツボ
ツボの位置:ヒザをくの字に曲げたときヒザの内側にできるシワのヒザ頭側の端が陰谷のツボです。
押し方:床に腰を下ろし刺激する側の足を軽く曲げます。もう一方の足は伸ばし、刺激する足を組みます。反対側の親指の腹で、3~5分間※緩圧法で指圧します。
風市(ふうし)/

  膝外側の痛みに効果的なツボ

直立に立ち腕をまっすぐ下ろします。足ふとももに中指が当たった中央が風市のツボです。
押し方:由香に腰を下ろし、刺激する側の膝を曲げ、同じ側の親指の腹をツボに当て※緩圧法で3~5分間指圧します。
委中(いちゅう)/

ツボの位置:ヒザを曲げたときにヒザの裏側にシワができます。そのシワの中央が「委中「のツボです。

押し方:中腰になって左右の中指を重ねてツボに当て※緩圧法で3~5分指圧します。

きょくせん 曲線ツボヒザ内側の痛み 曲線(きょくせん)/

 膝内側中心部の痛みに効果的なツボ
ツボの位置:膝を深く曲げたときにできるシワの親指側のいちばん端が"曲線”のツボです。
押し方:痛みのある方の膝を軽く立て、もう片方は伸ばしておきます。刺激する側と反対側の親指の腹をツボに当て、※緩圧法で3~5分指圧します。
膝関(しつかん)/内側下前方の痛みに。
ツボの位置:膝を深く曲げた時にできるシワの親指側の端が"曲線"のツボでそこからまっすぐ下へ親指の横幅分降りたところが膝関のツボです。
押し方:刺激する側の膝を立て、もう一方の足は伸ばします。刺激する側と反対の親指の腹をツボに当て※緩圧法で3~5分間指圧します。
ひ関(ひかん)/

位置:ふともものつけ根のシワのいちばん端から、手横幅3本分斜め下に下がったところにひ関のツボがあります。
押し方:正座か椅子座で親指の腹をツボに当て、※緩圧法で指圧します。

575押し方


※緩圧法
1)  1、2、3、4、5 と数えながら、圧を加えます。
2)  1、2、3、4、5、6、7 と数えるあいだ深く押し続けます。
3)  1、2、3、4、5 と数える間に、力を抜き指は皮膚から離しません。

5、7、5 を3〜5分間くり返します。

 


手首(てくび)の痛み

手首の痛み(腱鞘炎)のツボ、曲池(きょくち)温溜(おんる)腱鞘炎に効果的なツボ
曲池(きょくち)/ひじを曲げたときにできるよこジワの先端が曲池(きょくち)のツボです。
※万能ツボで、水分の吸収や免疫など、大腸の働きを整え、美肌効果が高いツボでもあります。
押し方:両方のツボを押してみて、痛みの強い側のツボを、反対側の手のひらで包むようにして、親指の腹をツボに当て、※緩圧法でやや強めに押し3~5分程度これを繰り返します。

 

温溜(おんる)/腕の前側(親指側)・肘と手首のあいだほぼ真ん中の位置です。手首の痛み、腱鞘炎に効果的なツボです。腱鞘炎は過度に筋肉を使いすぎたために炎症を起こしたものです。
  このツボを押して溜まってしまった熱を散らし取り去ってあげることで炎症が鎮まり、痛みが緩和します。
押し方:痛みの強い方を押します。反対側の手で下から支えるようにして、親指の腹でツボを押しましょう。

575押し方


※緩圧法
1)  1、2、3、4、5 と数えながら、圧を加えます。
2)  1、2、3、4、5、6、7 と数えるあいだ深く押し続けます。
3)  1、2、3、4、5 と数える間に、力を抜き指は皮膚から離しません。
5、7、5 を3〜5分間くり返します。

ぎっくり腰/腰痛 改善のツボ

   ぎっくり腰は俗に「急性腰痛」といい、突然ギクリと激しい痛みが腰に走り、そのまま身動きができない状態になります。一度起こると繰り返す場合が多いです。

   軽い症状の場合は崑崙(こんろん)のツボは自分で押せる位置にありますが、重くなると背中や足にあるツボと合わせて治療します。

   ぎっくり腰になってしまったら、保温と安静を心がけましょう。
ぎっくり腰ツボ(こんろん)

崑崙(こんろん)/

   背骨に沿った縦のラインの腰痛には足にある"崑崙"のツボが症状を改善させます。
ツボの位置:足の外側くるぶしの突起に手指をあて、うしろの方へずらすと、アキレス腱のへりがあり、そこが"崑崙"のツボです。押したときに痛みを感じます。
押し方:腰痛がある場合は左右どちらかがまたは、両方が腫れているはずです。腫れがひどい側を数分間押します。これを繰り返します。

 

575押し方

※緩圧法
1)  1、2、3、4、5 と数えながら、圧を加えます。
2)  1、2、3、4、5、6、7 と数えるあいだ深く押し続けます。
3)  1、2、3、4、5 と数える間に、力を抜き指は皮膚から離しません。
5、7、5 を3〜5分間くり返します。

 

ぎっくり腰のツボ承山(しょうざん)

  その他、ぎっくり腰治療の特効ツボがあります。背中側から腎兪(じんゆ)、大腸兪(だいちょうゆ)、上りょう(じょうりょう)、関元兪(かんげんゆ)は力を入れすぎず加減しながら指圧し緊張をゆるめます。

 

承山(しょうざん)/

   足のふくらはぎ中心部にあるツボ、承山(しょうざん)を繰り返し指圧すると、ぎっくり腰の症状がやわらぎます。

ツボの位置:

   ふくらはぎの中心線上を上にたどると、腱と筋肉の変わり目のところの盛り上がりにぶつかって止まります。盛り上がりの手前に承山のツボがあります。

押し方:

   床に足を投げ出して座り、症状のある足を軽く曲げます。両手の親指を重ねてツボに当てます。他の指ですねを包むように抱え、承山のツボを断続圧法で、3〜5分筋肉がゆるむまで指圧してください。

【注意点】激しい痛みがおさまってから、腰の保温に注意しておこなってください。

ぎっくり腰に合わせて指圧したい足のツボは、両足首前面にある解谿(かいけい)、足の三里は強めに押しますが、これら足の指圧は特にぎっくり腰にはよく効きます。

252押し方

※断続圧法

1)  1、2 と数えながら、浅くサッと圧を加えます。
2)  1、2、3、4、5 と数えるあいだ押し続けます。
3)  1、2 と数える間に、サッと力を抜き指を皮膚から離します。
2、5、2 を3〜5分間くり返します。


胃炎(慢性胃炎・神経性胃炎)

れいだ 胃炎のツボ 写真画像   昨今はストレスやさまざまな精神的要因で胃の不調をかかえている方も増えてきています。胃液の分泌が乱れ胃の粘膜がただれる症状が胃炎です。

 胃の痛み、おなかの張り(腹部膨満感)、吐き気、さらには寒けやむくみ、足の痛みなどの症状も伴うことがあります。胃にたまった過剰な”気”を発散させることで、みぞおちのあたりの詰まった感じがスッと楽になります。

 

れい兌(れいだ)/

   東洋医学では胃炎は胃経の気血の流れが順調でないために起こる”気の病”と考えられ、ストレスなどの原因で胃が興奮状態にあり、痛みを感じたり不快症状が現れます。胃経のツボであるれいだは足の甲にあります。個々を指圧すると、胃の興奮を鎮める効果に優れ、胃炎の痛みや不快感に即効性があり、みずおちのあたりがスーッと楽になります。 
ツボの位置:

   足の人差し指の中指側のツメの生え際(つけ根)。左右の足をつまんでみて、痛い方を刺激しましょう。
押し方:

   左右の「れいだ」のうち、押すと飛び上がるほど痛い方を押します。床に腰を下ろし、痛い方の足を前に投げ出し足ひとさし指先端のツボをつまむようにして、※断続圧法で指圧します。

252押し方


断続圧法
1)  1、2 と数えながら、浅くサッと圧を加えます。
2)  1、2、3、4、5 と数えるあいだ、つまむように指圧し続けます。
3)  1、2 と数える間に、サッと力を抜き指を皮膚から離します。
2、5、2 を3〜5分間くり返します。

のどの痛みを抑えるツボ

のどの痛みを緩和するツボ 大都 だいと 写真画像   のどの痛みは空気中のホコリや、外部からの雑菌にさらされると、のどの代謝がスムーズに行われなくなります。のどが乾燥し、抵抗力が落ちてしまいます。そこで、のどの血流を改善するツボ、大都(だいと)を刺激します。

 のどの滞った血流を改善することで、熱が取れて粘膜の炎症が鎮まります。唾液の出が悪くなったり、緊張でのどが渇くといった場合にも効果的なツボです。

 

● 大都 (だいと)/

   のど痛は、リンパ液の停滞や扁桃炎にも関連します。
ツボの位置: 足の指を強く曲げて、親指の付け根にできる横ジワを横から見ます。そのときできた深いシワの先端が大都(だいと)のツボ位置です。
刺激法:左右のツボに温熱療法で刺激しましょう。 お線香の火を近づけて熱くなったら離し、また近づける動作を、7~8回繰り返してください。反応がある方の足を少し長く刺激してあげましょう。

 


肩凝りのツボ

手の三里(てのさんり)/

ツボの位置:

   手のひらを下に向け腕を曲げたときできる肘の横ジワの外端から指横幅3本分手首の方向にあるツボです。

押し方:

   左右の腕を組むようにして、片方の親指で指圧する方の腕を抱えるようにして、スジに向かって※緩圧法で3~5分指圧してください。
風池(ふうち)/

   うなじの髪の毛の生え際のあたり。左右にあり、首のこりを感じるときはここを重点的にほぐしてみましょう。
(※「頭痛」の項参照)
肩井(けんせい)/

   首のつけ根と肩先のちょうど中間で、盛り上がった筋肉の頂点
支正(しせい)  ●四とく(しとく)

   肩凝りに効果的なツボです。

手の三里 さんり 風池 ふうち
575押し方


※緩圧法
1)  1、2、3、4、5 と数えながら、圧を加えます。
2)  1、2、3、4、5、6、7 と数えるあいだ深く押し続けます。
3)  1、2、3、4、5 と数える間に、力を抜き指は皮膚から離しません。
5、7、5 を3〜5分間くり返します。

こむら返りのツボ

こむら返りを治すツボ 足の三里(あしのさんり)・陽陵泉(ようりょうせん)図解イラスト 筋肉が疲れているときに「こむら返り」を経験する人は多いでしょう。運動をして汗をかいた後に冷えたときや、水泳で水に浸かって冷えたときなど、「冷え」が引き金になって起きやすくなります。

   こむら返りはヒザから下のふくらはぎに起きます。睡眠中のこむら返りは腰のトラブルが原因で起こる場合もあります。

 

● 足の三里 (あしのさんり)/

   すねまで痛む「こむら返り」はこのツボが効果的です。「足の三里」は万能ツボと言われ、胃腸の働きを正常にします。神経衰弱や【足の疲れ】にも効果的なツボです。
ツボの位置:

   ヒザの外側、骨の出っ張りの下のくぼみの中にあります。陽陵泉よりも下のくぼみです。
刺激法:

   床に座り足を前に投げ出し、やや横すわりになって片方のひざを曲げ、ふくらはぎを両手のひらで包むようにまわし、両手の親指の腹を重ねてツボの上に当て、やや強めに押します。

● 陽陵泉 (ようりょうせん)/ヒザの外側下の陽陵泉は、足の全体的な症状(疲れや痛み)に効果があります。

ツボの位置:

  ヒザの外側下、骨が出っ張った下のくぼみが陽陵泉のツボです。
刺激法:

  床に座り足を前に投げ出し、やや横すわりになって片方のひざを曲げ、両手の親指の腹をツボの上に重ねて押しましょう。

 

ぎっくり腰のツボ承山(しょうざん)

承山(しょうざん)/

   足の山里、または陽陵泉のツボを指圧したあと、足のふくらはぎ中心部にあるツボ、承山(しょうざん)を併用して指圧すると、こむら返りが繰り返し起こりにくくなります。
「承山」は多くの症状を改善する万能ツボです。

ツボの位置:

   アキレス腱の左右中央から上にまっすぐたどっていくと、ふくらはぎの盛り上がりにぶつかって止まります。盛り上がりの手前に承山のツボがあります。

押し方:

   床に足を投げ出して座り、症状のある足を軽く曲げます。両手の親指を重ねてツボに当てます。他の指ですねを包むように抱え、承山のツボを断続圧法で、3〜5分、堅くなった筋肉がゆるむまで指圧してください。

 

 

 

252押し方


断続圧法
1)  1、2 と数えながら、浅くサッと圧を加えます。
2)  1、2、3、4、5 と数えるあいだ押し続けます。
3)  1、2 と数える間に、さっと力を抜き指を皮膚から離します。
2、5、2 を3〜5分間くり返します。

緩圧法:「いち、にぃ、さん、しぃ、ごぉ」と数えながら圧を加えていき、「1、2、3、4、5、6、7」と数える間、深く押し続ける状態を保ち、「いち、にぃ、さん、しぃ、ごぉ」と数えながらゆっくり圧力をゆるめます。このとき指は皮膚から離しません。
断続圧法:気や血液を散らす方法で。「いち、にぃ」と数える間、浅く圧をかけます。
一定の強度に達したら1、2、3、4、5と数える間、圧をかけ続け「いち、にぃ」と数えながらすっと指を皮膚から放して圧を抜きます。
通常圧法:「いち、にぃ、さん」と数えながら圧を加えていき、「1、2、3、4、5、6、7 」と数える間、深く押し続ける状態を保ち、「いち、にぃ、さん」と数えながらゆっくり圧力をゆるめます。このとき指は皮膚から離しません。

女性の体の不調解消のツボ
  女性の体の悩み解決のツボ   こころのリラクゼーション・癒しのツボ
  つらい不快症状改善のツボ   痛みを取り除くツボ
健康・美しさのツボ   四十肩/五十肩の予防・リハビリ体操

 

 

 

 

逆引きツボ辞典

  「あ」ツボの名前   「か」ツボの名前
  「さ」ツボの名前   「た」ツボの名前

 

  「な」ツボの名前   「は」ツボの名前
  「ま」ツボの名前   「や」ツボの名前
  「ら」ツボの名前  

 

 

 

 

症状からさがすツボ

  「あ・い・う・え・お」症状改善のツボ   「か・き・く・け・こ」症状改善のツボ
  「さ・し・す・せ・そ」症状改善のツボ   「た・ち・つ・て・と」症状改善のツボ

 

  「な・に・ぬ・ね・の」症状改善のツボ   「は・ひ・ふ・へ・ほ」症状改善のツボ
  「ま・み・む・め」症状改善のツボ   「や・ゆ・よ」症状改善のツボ
  「ら・ろ」症状改善のツボ  

 

 

 

 

あめばブログ
女性の体の悩み解決のツボ
リラクゼーション癒しのツボ
つらい不快症状を解消するツボ
我慢できない痛みを取り除くツボ
健康・美しさのツボ
五十肩の予防とリハビリ体操 イラスト図解
患者さまの声 鍼灸癒久
リンク集 鍼灸癒久
リンク集 鍼灸癒久

<関連書籍のご紹介>

「最新版 よくわかるツボ健康百科」2009.9月発売

体のツボがよくわかる「大地図帖」痛みや不調、美容に効く15の特効ポイント

長生きしたけりゃ、ふくらはぎをもみなさい

本当に効くツボが正しく押せる本

「経絡・ツボの教科書」~骨格入りでわかりやすい経絡経穴図<ビジュアル版> 2012/6/20発売

「体を温める」と病気は必ず治る~クスリをいっさい使わない最善の内臓強化法 [単行本]

「子宮を温める健康法」若杉友子おばあちゃん

「図解 すぐできる特効ツボ健康法」

「顔ツボ」1分マッサージ 小顔になる・シミ、シワ、たるみもすっきりきれい!電子書籍もあります。

実践編「体を温める」と病気は必ず治る

「新編 よくわかるツボ健康百科」

温め美人プログラム―「冷え」を取るだけで、女の悩みはすべて解決する [単行本] プチ断食、温熱食生活、体質を改善する入浴法

ツボがちゃんと押せる本。骨を目安に正しいツボの位置を解説。

「体温を上げる料理教室」若杉友子おばあちゃん

マンガでわかる!ツボは温めればもっと効く 2012/3/14発売

温熱療法でツボ刺激

「経絡・リンパマッサージ」からだリセットBOOK

見てわかるハンドリフレクソロジー―手は全身を映し出す簡単!癒しのテクニック[単行本]


簡単指圧テクニック~こり・痛み・疲れ・困った症状を治す

ウッドマッサージ棒 握りタイプ[クロス]バージンオイル付 自分でツボを押してみよう。

ウォーキングを習慣にしよう

歩数計「目標は1日1万歩」運動で肩凝り・挫骨神経痛も改善。


天然石ローズクオーツ 指圧・ツボマッサージ棒

Kindle版 電子書籍で経絡・ツボの勉強。読みたい書籍をリクエストしよう。

このホームページに掲載のイラスト・写真その他のコンテンツの無断転載を禁じます。