冷え性、頭痛、肩こり、腰痛、スポーツ障害、坐骨神経痛、更年期障害、自律神経失調症、うつ病などでお悩みの方はご相談ください。


癒久 鍼灸 さっぽろ
鍼灸 癒久 冷え性 肩こり 腰痛 自律神経失調症 うつ病
女性の体の悩み解決のツボ
冷え性改善のツボ 「至陰」「大谿」「女膝」

至陰・しいん 冷え性改善のツボ 押し方
  体を冷やすということは、免疫力を弱めるということです。体温が下がるとインフルエンザウイルスを取り込みやすくなります。万病のもとともいわれるのが冷え性です。冷え性は肩こり、頭痛、腹痛、めまいなどさまざまな不快症状を引き起こします。

 特に夏場は冷房や冷たいものを摂り過ぎる傾向があるので注意したいものです。

至陰(しいん)は腎臓の働きを活発にする冷え性の特効ツボです。

  体を冷やさないよう保温をこころがけるとともに至陰(しいん)のツボを押して、腎エネルギーアップ、免疫力アップしましょう。

 

至陰 (しいん) / 

  冷え性の改善に即効性がある至陰のツボは膀胱経のツボで足の小指にあります。

ツボの位置:

 足の小指のツメの生え際の外側の角からかかとの方向へ1~2ミリ行ったところ。

押し方:

  最初に小指全体をマッサージして血行を促します。至陰のツボを親指とひとさし指で左右からはさみ、※緩圧法で3~5分間指圧します。

大谿 (たいけい) / 

  もうひとつの冷え性の改善に効く特効ツボは大谿(たいけい)です。

ツボの位置:

  くるぶしの頂点からアキレス腱の方向へなぞってくると(右図)大きなくぼみで指が止まるので、そこが大谿(たいけい)のツボです。

押し方:

 ツボの上に両手の親指を重ねて※緩圧法で3~5分指圧します。

575押し方

※緩圧法
1)  1、2、3、4、5と数えながら、圧を加えます。
2)  1、2、3、4、5、6、7 と数えるあいだ深く押し続けます。
3)  1、2、3、4、5 と数える間に、力を抜き指は皮膚から離しません。
5、7、5  を3〜5分間くり返します。

 

女膝(じょしつ)/

  冷え性から来る女性特有の膀胱炎を予防(※膀胱炎の項参照)


冷え対策にとり入れたい根菜類

その他、冷え対策として身体を温める食物、ネギ、ショウガ、シナモン、根菜類(玉葱、にんじん、ハス、大根、ゴボウなど)を意識的に摂りましょう。
根菜イラスト画像(玉葱、ゴボウ、にんじん、大根、レンコン(ハス)、シナモン)

 


 日本製 健康足裏樹液シート 30枚


生理痛・月経不順 改善のツボ「血海」「三陰交」

左ひざの内側にあるツボ「血海」で、不快な生理痛を改善

  生理がはじまり、腰や下腹部に重苦しい痛みを感じるときに効果的なツボ血海(けっかい)です。

 

血の滞り、血行不良を解消して月経周期を整えます

 生理不順は、ストレスや過労、体の冷えなどで卵巣の働きが低下することによりホルモンバランスが崩れていることが原因といえます。

 そのようなときは「血の道」といわれる女性特有の諸症状を改善する血海を指圧し、不足した気血を流してあげると、ホルモンバランスが整ってきます。血海は月経周期を正常に改善する効果的なツボです。

 
血海(けっかい)/
ツボの位置:

  床に腰を下ろし、左足を伸ばして力を入れると膝のお皿の内側にくぼみができます。そのくぼみのすぐ上です。血海は両足にありますが、 生理痛の場合は必ず左の「血海にしこり」が現れます。押すと股関節まで伝わる「ひびき」が強く感じられるはずです。

押し方:

  両手で太ももをつかむようにして両方の親指を重ねてツボに当てます。※緩圧法で指圧します。

 

三陰交(さんいんこう) /

さんいんこう生理痛は血行をよくし、冷えをとりましょう

  足の内側にあるツボ「三陰交」も生理痛を含め、婦人科系のあらゆる症状に有効です。不快症状を改善すると同時に肝臓・脾臓・腎臓の経絡が整っていきます。
ツボの位置:

  足の内側くるぶし頂点から手の親指を除いた4本の指の幅分、まっすぐ上にあるのが三陰交のツボです。
押し方:

  三陰交は両手の親指を重ねてツボの上に当て深く押してください。深く押し込まないと効果が得られません。※緩圧法で指圧します。これを繰り返します。
   朝晩2回を習慣にすると更年期障害が軽減されるとともに、体調の不調が全体に整ってきます。

 

575押し方

※緩圧法
1)  1、2、3、4、5 と数えながら、圧を加えます。
2)  1、2、3、4、5、6、7 と数えるあいだ深く押し続けます。
3)  1、2、3、4、5 と数える間に、力を抜き指は皮膚から離しません。
5、7、5 を3〜5分間くり返します。

発酵食品(みそ、納豆、しょうゆ)は腸内環境を整えます。
酵素を積極的に摂って腸を整え体温アップ、皮膚の新陳代謝を高め便秘解消!
  

更年期障害 改善の万能ツボ 「三陰交」

さんいんこう更年期の症状によく効く万能ツボ

  更年期は40~50代の多くの女性が体調変化の周期を迎えます。閉経を節目にホルモンの分泌が一時的に減少するため、ホルモンバランスが崩れます。
    そのためのぼせ、動悸、倦怠感、冷え、頭痛、イライラ、不定愁訴などの不快症状が現れます。病気ではありませんので、人生のプロセスのひとつと考えて、おおらかに過ごしましょう。

三陰交(さんいんこう)/

  このツボは更年期障害を改善する名穴といえます。婦人科系のあらゆる症状に有効なツボです。不快症状を改善すると同時に肝臓脾臓腎臓の経絡が整っていきます。
ツボの位置:

  内くるぶし頂点から手の親指を除いた4本の指の幅分、まっすぐ上にあるのが三陰交のツボです。
押し方:

  三陰交は両手の親指を重ねてツボの上に当て※緩圧法で深く押してください。深く押し込まないと効果が得られません。5、7、5と数えながら、これを繰り返します。
  朝晩2回の指圧を習慣にすると更年期障害が軽減されるとともに、体調の不調が全体に整ってきます。

575押し方

※緩圧法
1)  1、2、3、4、5 と数えながら、圧を加えます。
2)  1、2、3、4、5、6、7 と数えるあいだ深く押し続けます。
3)  1、2、3、4、5 と数える間に、力を抜き指は皮膚から離しません。
5、7、5 を3〜5分間くり返します。

 

 

SEIRIN(セイリン) パイオネックス100本入り 0.6mm
便秘のツボ「左神門(さしんもん)」

さしんもん 左神門(さしんもん)/
ツボの位置:

足のツボ

 左の足裏(右図)をマッサージします。曲げた指の関節で左図の濃い色のゾーンを強く押すと、腸のぜん動運動がはじまり便秘の解消に有効です。

腕のツボ

 左側の神門のツボ(左下図)のことです。手のひらの横ジワを小指側の沿ってなぞると、かたい突起(骨の出っ張り)に当たります。その手前のくぼんだところが左神門です。左の手首の小指側にある左手だけを刺激しましょう。
刺激の方法:

  右手ひとさし指のハラで、ひじから指先の方向へさすります。息を吐きながら5回、息を吸うときは休んで、さらに5回と計5回ほど繰り返してください。

  さらに、強く刺激を加える場合は、お灸や、お線香を使用します。お線香の場合はツボにお線香の火をを近づけ、熱さを感じたら離す温熱刺激を5~7回ほど繰り返してください。

 

 

せんねん灸 アロマ灸 --- 肌が弱い方、初心者におすすめ。

自律神経の不調をラクにするツボ 首の後ろ「大椎(だいつい)」

大椎だいつい 自律神経の不調 写真画像首の後ろの大椎(だいつい)を刺激して、全身の気を流れをスムーズにしましょう

 自律神経は、内臓、血管、汗腺などの働きをコントロールして健康で快適な状態を保つ神経です。交感神経と副交感神経を絶妙なバランスでコントロールしつかさどる全身の要(かなめ)ともいえます。自律神経のバランスが崩れると全身の働きに混乱と乱れを引き起こし、さまざまな不調が現れます。めまい、不眠、食欲不振、無気力、味覚障害などは一例で原因不明の不調は自律神経の乱れに関係しています。自律神経のバランスを整えるツボは首の後ろにあり、第7頸椎の下にあります。

 

大椎(だいつい)/

  首の後ろの背骨(頸椎)が胸椎につながるところがツボの位置です。
ツボの位置:

  頭を前に曲げて首の後ろに手をまわし頸椎を下へなぞると、骨のでっぱりがありますこれが第7頸椎のの突起です。そのすぐ下にある骨のくぼみが大椎です。
押し方:

大椎(だいつい)押し方

  手指で押すときは、人指し指の上に中指を重ねて※緩圧法で指圧しましょう。(3~5分間)自分では指圧しづらいという場合は、温熱刺激もよいです。ドライヤーの熱風や、熱めのシャワー(42度くらい)を大椎の部分に当ててあげると効果的です。

*また、更年期にさしかかる女性は特にこの部分を冷やさないことが大切です。外出時はスカーフやマフラーなどで首周りを保温するようにこころがけましょう。

夏の冷房で不調を来した人の多くは、首の後ろに集中する自律神経を冷やしたことが原因かもしれません。首の後ろを保護するようにしてください。

575押し方

※緩圧法
1)  1、2、3、4、5 と数えながら、圧を加えます。
2)  1、2、3、4、5、6、7 と数えるあいだ深く押し続けます。
3)  1、2、3、4、5 と数える間に、力を抜き指は皮膚から離しません。
5、7、5 を3〜5分間くり返します。

「甲状腺」「太陽神経叢」

 

◎不安・落ち込み・動悸を抑える足のツボも参考にしてください。
ホルモンバランスを整える足裏のツボゾーン「甲状腺」「太陽神経叢」は、”自律神経”のバランスを整えるのに重要なツボです。
首のうしろ「大椎」は冷やさないように意識しましょう。
秋から冬にかけて季節の変わり目に体調をくずしがちな人は、夏の暑い時期に首まわりをスカーフなどでガードし、冷やさないように。
冷えに充分注意することにより、体調をコントロールしてください。

 ネックウォーマー
 Neck Warmer 首をガード
足リラシート 唐辛子 30枚
 足リラシート 唐辛子 30枚
のぼせのツボ「湧泉(ゆうせん)」

湧泉 のぼせ改善のツボ頭熱足寒を改善する足裏のツボ「湧泉(ゆうせん)」

 「ほてり」の症状のことで、全身をめぐっている帰血が上半身に集まっている状態です。頭が熱いのに足や手などの末端は冷えています。さらにフラフラとめまいがする場合もあります。精神的な緊張や興奮、自律神経の不調、更年期障害などの原因が考えられます。のぼせを感じたら、足のうらにある湧泉のツボを刺激すると、すみやかに症状が改善しスッキリします。それほどのぼせ解消には即効性のあるツボです。自律神経を整え、頭部に集まった気血を散らして、手足など末端に血流を促進します。のぼせが慢性化しているひとは、毎日温熱灸をして体質改善をしましょう。

湧泉(ゆうせん)/足のうらにあります。

ツボの位置:

  ふたつの肉のふくらみが足の裏、真ん中ほどで「人」の字形に交わっているところが、湧泉のツボです。足の指を足の裏側に曲げると、大きなくぼみができるところで、左右の足うらにあります。
押し方:

  指圧や温熱灸で刺激します。温熱の場合はお線香の火を近づけ、熱く感じたら離します。それを5~7回繰り返します。ツボと火の距離は1.5センチ程度を目安にしてください。

「自律神経の不調」の項目もご参照ください。「」の項です。

 三皇樹液不思議シート 30枚入り

だるさ・倦怠感・不調のツボ 「地機(ちき)」

ちき
地機(ちき)/

  足にある地機はだるさや倦怠感のある時に指圧します。
ツボの位置:

  足のすねの内側、膝の下の骨の出っ張りから、人差し指横幅1本後ろが陰陵線です。陰陵線と内くるぶしのでっぱりを結んで上へ3分の2のところが地機のツボです。
押し方:

  腰を下ろし、刺激する側の膝を立てて反対側の親指腹をツボに当て、他の指はふくらはぎの方に回します。
※緩圧法で3~5分指圧します。

575押し方

※緩圧法
1)  1、2、3、4、5と数えながら、圧を加えます。
2)  1、2、3、4、5、6、7 と数えるあいだ深く押し続けます。
3)  1、2、3、4、5 と数える間に、力を抜き指は皮膚から離しません。
5、7、5  を3〜5分間くり返します。

 

疲れが取れない、疲労感が抜けないと感じていたら「大衝(たいしょう)」

大衝たいしょう 肝臓が疲れていると思ったら 疲労が抜けない
  最近どうも疲れやすい、肝臓が疲れているかも、と思ったらこのツボ。大衝(たいしょう)を押すと足首からひざにかけて「ひびき」を感じます。お酒の席が多い時期や肝臓が疲れていると感じたら押してみましょう。

大衝(たいしょう)/

  左右両方の足の甲にあります。肝臓以外にも効く万能ツボのひとつです。たとえば女性器、尿道、腰痛、めまい、耳鳴り、湿疹、視力低下など幅広お症状を改善する覚えておくと便利なツボです。
ツボの位置:

  両方の足の甲にあります。親指と人指し指の間を足首の方向へ向かって、骨の谷間をなぞっていくと、指が骨(中足骨)の合流点のあるくぼみで止まります。そこが大衝(たいしょう)のツボの位置です。
押し方:

  左右の足のツボを押したとき、「ひびき」を感じる方を刺激します。親指をツボに当て、他の4本の指を足の裏に回しはさむようにして※緩圧法で重点的に押します。

575押し方

※緩圧法
1)  1、2、3、4、5と数えながら、圧を加えます。
2)  1、2、3、4、5、6、7 と数えるあいだ深く押し続けます。
3)  1、2、3、4、5 と数える間に、力を抜き指は皮膚から離しません。
5、7、5 を3〜5分間くり返します。


 


肌の調子がメキメキ変化する。

排尿の異常(頻尿)のツボ 「中極(ちゅうきょく)」

排尿の異常を改善するツボ 中極(ちゅうきょく)下半身の血行不良を改善し、腎臓の働きを調整

 尿の出の異常は腎臓の働きに関係します。腎臓に蓄えられた気が停滞すると、下半身が冷え、トイレが近くなります。足腰の冷えは排尿に悪影響をおよぼします。腎系、膀胱系が弱いと自覚する人は、足腰を温めて下半身の血行をよくするようにこころがけましょう。
中極(ちゅうきょく)/

 頻尿の人はこのツボの当たりが固くなっていることが多く見受けられます。
ツボの位置:

 おへその下へ指4本分下がったところが中極のツボです。
押し方:

 床に仰向けになって左右の人指し指の先を重ねて3~5分間をめどに緩圧法で指圧します。

「尿失禁・尿漏れ」改善のツボも参照する。

575押し方

※緩圧法
1)  1、2、3、4、5 と数えながら、圧を加えます。
2)  1、2、3、4、5、6、7 と数えるあいだ深く押し続けます。
3)  1、2、3、4、5 と数える間に、力を抜き指は皮膚から離しません。
5、7、5 を3〜5分間くり返します。

 

冷え対策・血行不良改善に有効な食品<根菜類>

 次に、尿漏れ防止に役立つ食物を紹介しましょう。冷え対策によい食品として、ショウガ、ネギ、シナモン、根菜類がおすすめです。老化を防ぐ松の実やクコの実、黒ゴマ、黒豆、クルミ、ギンナン、カボチャの種などがよいでしょう。また、脾を元気にする食物は、ヤマイモ、大豆、ハスの実、ウナギなど意識的に摂取するとよいでしょう。

冷え対策によい食品、ショウガ、シナモン、ネギ、根菜

 


発酵食品(みそ、納豆、しょうゆ)は腸内環境を整えます。
酵素を積極的に摂って腸を整え体温アップ、皮膚の新陳代謝を高め便秘解消!
不眠症 解消のツボ 「失眠」「湧泉」

失眠・湧泉・不眠症のツボ
失眠 (しつみん)/

  不眠には、2種類あります。

1)早期覚醒 = 眠りが浅く夜中に何度も目がさめる、一度目覚めるとふたたび眠りに入れない

2)入眠障害 = 寝付きが悪い

  不眠が日常化すると、自律神経などに影響をおよぼしホルモン異常や体のリズムが乱れるため、リラックスすべき時間帯に緊張がとれず睡眠障害を引き起こすことになります。不眠が高じると抑鬱状態に陥ったり、自分ではコントロールできない不快症状のため生活に支障をきたすこともあります。

  ここちよい眠りを得るためには、寝る前に足を温めることも有効です。それから”失眠”のツボを親指やお線香の火を近づける、灸をするなどで刺激します。

左右両方の足のツボを刺激しましょう。

ツボの位置:「失眠」はかかとのふくらみの中心にあります。同じ足裏にある「湧泉」も刺激するとさらに効果的です。
刺激の方法:「失眠」は鈍感なツボなので、親指で押してもあまり刺激を感じない場合は、お線香の火を近づけたり離したりする温熱刺激を7~8回繰り返したり、灸をするなどで刺激しましょう。
湧泉 (ゆうせん)/

  疲れたときにここを押すと、エネルギーが湧いてくる「万能ツボ」です。全身の血行を改善し、倦怠感や気分の高ぶりを解消し神経のバランスを整えます。
  不眠、冷え、のぼせなど更年期にありがちな女性特有の自律神経の不調や不快症状を改善します。「失眠」とともに不眠に効果的なツボです。


 日本製 健康足裏樹液シート 30枚

緩圧法:「いち、にぃ、さん、しぃ、ごぉ」と数えながら圧を加えていき、「1、2、3、4、5、6、7」と数える間、深く押し続ける状態を保ち、「いち、にぃ、さん、しぃ、ごぉ」と数えながらゆっくり圧力をゆるめます。このとき指は皮膚から離しません。
断続圧法:気や血液を散らす方法で。「いち、にぃ」と数える間、浅く圧をかけます。
一定の強度に達したら1、2、3、4、5と数える間、圧をかけ続け「いち、にぃ」と数えながらすっと指を皮膚から放して圧を抜きます。
通常圧法:「いち、にぃ、さん」と数えながら圧を加えていき、「1、2、3、4、5、6、7 」と数える間、深く押し続ける状態を保ち、「いち、にぃ、さん」と数えながらゆっくり圧力をゆるめます。このとき指は皮膚から離しません。

女性の体の不調解消のツボ

  女性の体の悩み解決のツボ   こころのリラクゼーション・癒しのツボ
  つらい不快症状改善のツボ   痛みを取り除くツボ
健康・美しさのツボ   四十肩/五十肩の予防・リハビリ体操

 

 

 

 

逆引きツボ辞典

  「あ」ツボの名前   「か」ツボの名前
  「さ」ツボの名前   「た」ツボの名前

 

  「な」ツボの名前   「は」ツボの名前
  「ま」ツボの名前   「や」ツボの名前
  「ら」ツボの名前  

 

 

 

 

症状からさがすツボ


  「あ・い・う・え・お」症状改善のツボ   「か・き・く・け・こ」症状改善のツボ
  「さ・し・す・せ・そ」症状改善のツボ   「た・ち・つ・て・と」症状改善のツボ

 

  「な・に・ぬ・ね・の」症状改善のツボ   「は・ひ・ふ・へ・ほ」症状改善のツボ
  「ま・み・む・め」症状改善のツボ   「や・ゆ・よ」症状改善のツボ
  「ら・ろ」症状改善のツボ  

 

 

 

 

あめばブログ
女性の体の悩み解決のツボ
リラクゼーション癒しのツボ
つらい不快症状を解消するツボ
我慢できない痛みを取り除くツボ
健康・美しさのツボ
五十肩の予防とリハビリ体操 イラスト図解
患者さまの声 鍼灸癒久
リンク集 鍼灸癒久
リンク集 鍼灸癒久

<関連書籍のご紹介>

「最新版 よくわかるツボ健康百科」2009.9月発売

体のツボがよくわかる「大地図帖」痛みや不調、美容に効く15の特効ポイント

長生きしたけりゃ、ふくらはぎをもみなさい

本当に効くツボが正しく押せる本

「経絡・ツボの教科書」~骨格入りでわかりやすい経絡経穴図<ビジュアル版> 2012/6/20発売

「体を温める」と病気は必ず治る~クスリをいっさい使わない最善の内臓強化法 [単行本]

「子宮を温める健康法」若杉友子おばあちゃん

「図解 すぐできる特効ツボ健康法」

「顔ツボ」1分マッサージ 小顔になる・シミ、シワ、たるみもすっきりきれい!電子書籍もあります。

実践編「体を温める」と病気は必ず治る

「新編 よくわかるツボ健康百科」

温め美人プログラム―「冷え」を取るだけで、女の悩みはすべて解決する [単行本] プチ断食、温熱食生活、体質を改善する入浴法

ツボがちゃんと押せる本。骨を目安に正しいツボの位置を解説。

「体温を上げる料理教室」若杉友子おばあちゃん

マンガでわかる!ツボは温めればもっと効く 2012/3/14発売

温熱療法でツボ刺激

「経絡・リンパマッサージ」からだリセットBOOK

見てわかるハンドリフレクソロジー―手は全身を映し出す簡単!癒しのテクニック[単行本]


簡単指圧テクニック~こり・痛み・疲れ・困った症状を治す

ウッドマッサージ棒 握りタイプ[クロス]バージンオイル付 自分でツボを押してみよう。

ウォーキングを習慣にしよう

歩数計「目標は1日1万歩」運動で肩凝り・挫骨神経痛も改善。


天然石ローズクオーツ 指圧・ツボマッサージ棒

Kindle版 電子書籍で経絡・ツボの勉強。読みたい書籍をリクエストしよう。

このホームページに掲載のイラスト・写真その他のコンテンツの無断転載を禁じます。