冷え性、頭痛、肩こり、腰痛、スポーツ障害、坐骨神経痛、更年期障害、自律神経失調症、うつ病などでお悩みの方はご相談ください。


癒久 鍼灸 さっぽろ
鍼灸 癒久 冷え性 肩こり 腰痛 自律神経失調症 うつ病

東洋医学のマメ知識


<自宅でできる簡単治療のツボ >
さ行
食欲不振 改善のツボ 「公孫(こうそん)」

公孫 こうそん 食欲不振のツボ 写真画像食欲不振、食べ過ぎ、腹部ぼう満感=お腹ゴロゴロの不快感に効くツボ、公孫(こうそん)。

足の内側にある公孫(こうそん)というツボは食欲不振や疲れた胃腸の働きを整えます。ストレスなどでお腹がゴロゴロして体調がすぐれないときなどにも効果的なツボです。

公孫(こうそん)/食欲を増進させたいときは、足にある公孫のツボ。胃経と深いつながりがあります。
ツボの位置:足親指の根元に骨の出っ張りがあります。出っ張りの直線のツボが公孫です。
押し方:しこりのある側を親指で2~3秒ゆっくりと深く圧をかけ、一定の強度に達したら、5秒程度保ち2~3秒でゆっくり指を放し圧をゆるめる(※緩圧法)。

575押し方


※緩圧法
1)1、2、3、4、5 と数えながら、圧を加えます。
2)1、2、3、4、5、6、7 と数えるあいだ深く押し続けます。
3)1、2、3、4、5 と数える間に、力を抜き指は皮膚から離しません。
5、7、5 を3〜5分間くり返します。

自律神経の不調 改善のツボ 「大椎(だいつい)」

大椎 だいつい 自律神経不調のツボ 写真画像首の後ろの大椎(だいつい)を刺激して、全身の気を流れをスムーズにしましょう

自律神経は、内臓、血管、汗腺などの働きをコントロールして健康で快適な状態を保つ神経です。交感神経と副交感神経を絶妙なバランスでコントロールしつかさどる全身の要(かなめ)ともいえます。自律神経のバランスが崩れると全身の働きに混乱と乱れを引き起こし、さまざまな不調が現れます。めまい、不眠、食欲不振、無気力、味覚障害などは一例で原因不明の不調は自律神経の乱れに関係しています。自律神経のバランスを整えるツボは首の後ろにあり、第7頸椎の下にあります。

 

大椎(だいつい)/首の後ろの背骨(頸椎)が胸椎につながるところがツボの位置です。
ツボの位置:頭を前に曲げて首の後ろに手をまわし頸椎を下へなぞると、骨のでっぱりがありますこれが第7頸椎のの突起です。そのすぐ下にある骨のくぼみが大椎です。
押し方:手指で押すときは、人指し指の上に中指を重ねて※緩圧法で指圧しましょう。(3~5分間)自分では指圧しづらいという場合は、温熱刺激もよいです。ドライヤーの熱風や、熱めのシャワー(42度くらい)を大椎の部分に当ててあげると効果的です。

*また、更年期にさしかかる女性は特にこの部分を冷やさないことが大切です。外出時はスカーフやマフラーなどで首周りを保温するようにこころがけましょう。

「甲状腺」「太陽神経叢」

 

◎不安・落ち込み・動悸を抑える足のツボも参考にしてください。
ホルモンバランスを整える足裏のツボゾーン「甲状腺」「太陽神経叢」は、”自律神経”のバランスを整えるのに重要なツボです。
首のうしろ「大椎」は冷やさないように意識しましょう。
秋から冬にかけて季節の変わり目に体調をくずしがちな人は、夏の暑い時期に首まわりをスカーフなどでガードし、冷やさないように。
冷えに充分注意することにより、体調をコントロールしてください。

 
 Neck Warmer 首をガード
575押し方


※緩圧法
1)1、2、3、4、5 と数えながら、圧を加えます。
2)1、2、3、4、5、6、7 と数えるあいだ深く押し続けます。
3)1、2、3、4、5 と数える間に、力を抜き指は皮膚から離しません。
5、7、5 を3〜5分間くり返します。

視力低下(疲れ眼)/白内障のツボ 「魚腰(ぎょよう)」「目窓(もくそう)」

 魚腰(ぎょよう) /
パソコンなどで眼を酷使することで、疲れ目や視力が低下してきます。使い続けるときは極力目を休ませるとともに、魚腰のツボを押しましょう。
ツボの位置:

 左右の眉毛の中央に位置しています。
押し方:

 机の上などで肘を固定させ手のひとさし指の腹で2~3秒ゆっくりと深く圧をかけ、一定の強度に達したら、5秒程度保ち、2~3秒でゆっくり指を放し圧をゆるめる(※緩圧法)


 目窓(もくそう) /
白内障の改善や予防効果があります。

ツボの位置:

 瞳の中心からまっすぐ上に上がり、髪の生え際から指3本上にあるツボ。
押し方:

 人差し指の腹をツボにあてその上に中指を重ねて、※緩圧法で3~5分押します。

魚腰 ぎょよう 視力改善のツボ 画像写真
もくそう 目窓 視力低下を改善するツボ 画像写真

575押し方


※緩圧法
1)1、2、3、4、5 と数えながら、圧を加えます。
2)1、2、3、4、5、6、7 と数えるあいだ深く押し続けます。
3)1、2、3、4、5 と数える間に、力を抜き指は皮膚から離しません。
5、7、5 を3〜5分間くり返します。

頭痛 改善のツボ「陥谷(かんこく)」「通谷(つうこく)」

かんこく 頭痛に効くツボ首や肩のコリからくる頭痛に効くツボ

 頭全体や前頭部がしめつけられるような痛みを感じる頭痛は首や肩の緊張が原因で起きる緊張性頭痛と呼ばれています。細かい手仕事や長時間のパソコン作業などで目の疲れからくる頭痛の場合など、このような頭痛は陥谷(かんこく)を指圧します。

また頭全体が重い、にぶく痛む頭痛の場合は、天柱(てんちゅう)のツボが効果的です。

 

● 頭痛(前頭部が痛む場合)=陥谷(かんこく)/
ツボの位置:

 陥谷(かんこく)のツボは足の人指し指と中指の間をなで上げるとすぐに指がくぼみのところで止まります。頭痛のある人はここが腫れている場合があります。

押し方:

 親指をツボに当ててほかの4本の指を足の裏側にまわし足をはさみこむようにして、やや強く指圧します。(3~5分※断続圧法

 

かんこく 頭痛に効くツボ首や肩のコリからくる頭痛に効くツボ

●頭痛(後頭部が痛む場合)=通谷(つうこく)/通谷は膀胱系の関連経路が整ってきます。
ツボの位置:

 足の第5指の付け根にぶつかります。その手前のくぼみに通谷のツボはあります。
押し方:

 横すわりをして同じ側の手の親指の腹の先を直角にあてて1秒程度さっと圧をかけ一定の強度になると3~5分秒ほど圧力をかけ続け、すっと指を離して圧力を抜きます(※断続圧法)。

 

 

 

 

 

 

 

252押し方


※断続圧法
1)  1、2 と数えながら、浅くサッと圧を加えます。
2)  1、2、3、4、5 と数えるあいだ押し続けます。
3)  1、2 と数える間に、さっと力を抜き、指を皮膚から離します。
2、5、2 を3〜5分間くり返します。
効果が得られない場合は、温熱療法をお試しください。

 

生理痛(月経痛)・生理不順(月経不順)改善のツボ「血海」「三陰交」

血海(けっかい)生理痛・月経痛のツボ イラスト図解画像左ひざの内側にあるツボで、不快な生理痛を改善

生理がはじまり、腰や下腹部に重苦しい痛みを感じるときに効果的なツボ血海(けっかい)です。

 

血海(けっかい)/
ツボの位置:

 床に腰を下ろし、左足を伸ばして力を入れると膝のお皿の内側にくぼみができます。そのくぼみのすぐ上です。血海は両足にありますが、生理痛の場合は必ず左の「血海」にしこりが現れます。押すと股関節まで伝わる「ひびき」が強く感じられるはずです。

押し方:

 両手で太ももをつかむようにして両方の親指を重ねてツボに当てます。※緩圧法(3~5分間)

 

血の滞りを解消して月経周期を整えます

 生理不順は、ストレスや過労、体の冷えなどで卵巣の働きが低下することによりホルモンバランスが崩れていることが原因といえます。そのようなときは「血の道」といわれる女性特有の諸症状を改善する血海を指圧し、不足した気血を流してあげると、ホルモンバランスが整ってきます。血海は月経周期を正常に改善する効果的なツボです。

 

三陰交(さんいんこう) /

さんいんこう 三陰交生理痛は血行をよくし、冷えをとりましょう

 足の内側にあるツボ「三陰交」も生理痛を含め、婦人科系のあらゆる症状に有効です。不快症状を改善すると同時に肝臓・脾臓・腎臓の経絡が整っていきます。
ツボの位置:足の内側くるぶし頂点から手の親指を除いた4本の指の幅分、まっすぐ上にあるのが三陰交のツボです。
押し方:三陰交は両手の親指を重ねてツボの上に当て深く押してください。深く押し込まないと効果が得られません。※緩圧法で指圧します。(3分~5分間)これを繰り返します。朝晩2回を週間にすると更年期障害が軽減されるとともに、体調の不調が全体に整ってきます。

575押し方

※緩圧法
1)  1、2、3、4、5 と数えながら、圧を加えます。
2)  1、2、3、4、5、6、7 と数えるあいだ深く押し続けます。
3)  1、2、3、4、5 と数える間に、力を抜き指は皮膚から離しません。
5、7、5 を3〜5分間くり返します。

セキ・タンを改善するツボ「尺沢(しゃくたく)」

尺沢しゃくたく セキ・タンのツボ咳痰のツボ イラスト図解画像肺の気の巡りをよくして、のどが適度に潤い楽になります。

呼吸をつかさどる肺経という経絡(気が巡るルート)の巡りが滞ってくると、気管支の水分調整が悪くなり、セキやタンが出やすくなります。セキやタンは体に入った異物を粘液とともに外に出そうとする防御反応です。

ひじにある尺沢というツボを押すと気道の緊張が解けて、のどの水分調節が整って、のどが適度に潤されるため楽になります。

 

尺沢(しゃくたく)/
ツボの位置:左右の腕のひじの内側にあります。肘を軽く曲げ内側にできる横ジワをさぐると、真ん中に太いすじがみつかるはずです。このすじの親指側の深いくぼみが尺沢(しゃくたく)です。

押し方:腕と反対の手の親指の先をツボに当てほかの4本でひじの外側を包むようにかかえます。親指の先をツボに押し込むような気持ちで指圧しましょう。※緩圧法(3~5分間)

575押し方


※緩圧法
1)  1、2、3、4、5 と数えながら、圧を加えます。
2)  1、2、3、4、5、6、7 と数えるあいだ深く押し続けます。
3)  1、2、3、4、5 と数える間に、力を抜き指は皮膚から離しません。
5、7、5 を3〜5分間くり返します。

前立腺肥大 改善のツボ「大衝(たいしょう)」「中極(ちゅうきょく)」
大衝 たいしょう 前立腺肥大改善のツボ

 初期には尿が出にくい、放尿に勢いがない、排尿に時間がかかる、頻尿になるなどの症状がみられます。中高年男性に多い症状で、ひどくなると膀胱の拡張と腎機能の低下を招き尿毒症を併発することもあるので注意が必要です。

大衝(たいしょう)/
ツボの位置:足の甲の高くなったところで、足の親指とその隣の指の間の線上。

押し方:尿を出やすくする効果があります。日頃から自分で親指でよく押しもんだり、お灸をしたり、他の足ツボで足の冷えを改善するとよいでしょう。

 

中極(ちゅうきょく)/

中極 ちゅうきょく ツボ/前立腺肥大改善のツボツボの位置:おへそから指4本分ほど下にあります。

押し方:あお向けに寝て両手の人指し指・中指・薬指をそろえて重ね、下腹部の脂肪が軽くへこむ程度に指圧します。泌尿器系の諸症状をやわらげ、排尿困難を改善するツボです。ただ自分で押すのが難しい場合は、家のひとに身体の中心部へ向かって押してもらいましょう。強く押す必要はありません。

 また、泌尿機能の回復には中極とともに、次のツボも一緒に指圧・灸をすると効果が増大します。水道、曲骨、背中の肝兪、腰の腎兪、命門、膀胱兪のツボも身体全体の機能活性を助けます。

575押し方


※緩圧法
1)  1、2、3、4、5 と数えながら、圧を加えます。
2)  1、2、3、4、5、6、7 と数えるあいだ深く押し続けます。
3)  1、2、3、4、5 と数える間に、力を抜き指は皮膚から離しません。
5、7、5 を3〜5分間くり返します。

ぜんそく 改善のツボ「合谷」「足の三里」「孔最」「中府」

【症状】ほとんどのぜんそくは、気管支ぜんそくといわれるものです。発作的にせき込んだり、のどの奥がゼーゼー、ヒューヒューいうなど、ひどくなると顔面蒼白となり呼吸困難を引き起こします。アレルギー疾患の代表的なもので、虚弱体質のひとにも多く見られます。 合谷 ごうこく 足の三里 ぜんそく(喘息)改善のツボ

合谷(ごうこく)/手の甲の、親指と人差し指の付け根で、骨がV字に交わったところにできた窪みを、下方手首の方向に向かって押します。胃腸の働きと密接な関係にあるツボで、頭痛や疲れ目にも効果的です。
足の三里(あしのさんり)/ むこうずねの外側でヒザから指幅4本分くらい下のツボ。胃経に属するツボで胃弱、下痢にも効果があります。自分の指で押すには力が入りにくい位置ですが、仰向けに寝た状態で片方の足のかかとを使って押すと気持ちがいいです。

孔最(こうさい)/激しく咳き込んだときに、強めの指圧が効果的です。

【位置】前腕部手のひら側の親指で、前腕部をひじから見て3分の1くらいのところを。

【治療】親指で「ぐっ」とつかむように力を入れて指圧します。

 激しい咳込みが起きたときには、このツボを少しの時間、もむように押していると、しずまることが多いです。激しいせき込みをしずめるほか、胸の痛みや息苦しさを緩和する効果もあります。

中府(ちゅうふ)/ひどいせき、息苦しさをやわらげます。

【位置】鎖骨の下、第2肋骨(ろっこつ)の外側と、肩の関節の間のくぼんだ位置。

【治療】あおむけに寝て鎖骨下のツボの位置に両手の親指を当て、両肩をつかむようにして指圧します。ひどいせきや呼吸の苦しさをやわらげる効果があります。

 自分で押すときは、片方ずつしますが、力が入らない場合は家のひとに両手で押してもらいましょう。

 

575押し方


※緩圧法
1)  1、2、3、4、5 と数えながら、圧を加えます。
2)  1、2、3、4、5、6、7 と数えるあいだ深く押し続けます。
3)  1、2、3、4、5 と数える間に、力を抜き指は皮膚から離しません。
5、7、5 を3〜5分間くり返します。

挫骨神経痛 改善のツボ「挫骨点(ざこつてん)」
挫骨神経痛-坐骨点(ざこつてん)ツボ● 挫骨点(ざこつてん)/挫骨神経痛では、腰痛と共に足の痛みとしびれが起きます。ひどくなると足先まで痛みがひびきびます。

坐骨神経痛は膀胱系の気血の流れが異常になって起こります。膀胱系を整える働きがあり、痛みの改善にたいへん効果があります。

ツボの位置:横になって上の足をくの字に曲げ腰を突き出す姿勢で、中指で大腿骨のつけ根(大転子)から尾てい骨の先端に向かっておろしていくとくぼみがあります。鈍い痛みが感じられるところです。

ツボの押し方:横向きに寝て、おしりを突き出すように足を折り曲げます。痛みの出ている側のツボを上になった方の中指の腹をあてて、1秒程度さっと圧をかけ一定の強度になると3秒ほど圧力をかけ続け、すっと指を離して圧力を抜きます(※断続圧法)。

252押し方


※断続圧法
1)  1、2 と数えながら、浅くサッと圧を加えます。
2)  1、2、3、4、5 と数えるあいだ押し続けます。
3)  1、2 と数える間に、さっと力を抜き、指を皮膚から離します。
2、5、2 を3〜5分間くり返します。
効果が得られない場合は、温熱療法をお試しください。

緩圧法:「いち、にぃ、さん、しぃ、ごぉ」と数えながら圧を加えていき、「1、2、3、4、5、6、7」と数える間、深く押し続ける状態を保ち、「いち、にぃ、さん、しぃ、ごぉ」と数えながらゆっくり圧力をゆるめます。このとき指は皮膚から離しません。
断続圧法:気や血液を散らす方法で。「いち、にぃ」と数える間、浅く圧をかけます。
一定の強度に達したら1、2、3、4、5と数える間、圧をかけ続け「いち、にぃ」と数えながらすっと指を皮膚から放して圧を抜きます。
通常圧法:「いち、にぃ、さん」と数えながら圧を加えていき、「1、2、3、4、5、6、7 」と数える間、深く押し続ける状態を保ち、「いち、にぃ、さん」と数えながらゆっくり圧力をゆるめます。このとき指は皮膚から離しません。

女性の体の不調解消のツボ

  女性の体の悩み解決のツボ   こころのリラクゼーション・癒しのツボ
  つらい不快症状改善のツボ   痛みを取り除くツボ
健康・美しさのツボ   四十肩/五十肩の予防・リハビリ体操

 

 

 

 

逆引きツボ辞典

  「あ」ツボの名前   「か」ツボの名前
  「さ」ツボの名前   「た」ツボの名前

 

  「な」ツボの名前   「は」ツボの名前
  「ま」ツボの名前   「や」ツボの名前
  「ら」ツボの名前  

 

 

 

 

症状からさがすツボ


  「あ・い・う・え・お」症状改善のツボ   「か・き・く・け・こ」症状改善のツボ
  「さ・し・す・せ・そ」症状改善のツボ   「た・ち・つ・て・と」症状改善のツボ

 

  「な・に・ぬ・ね・の」症状改善のツボ   「は・ひ・ふ・へ・ほ」症状改善のツボ
  「ま・み・む・め」症状改善のツボ   「や・ゆ・よ」症状改善のツボ
  「ら・ろ」症状改善のツボ  

 

 

 

 

あめばブログ
女性の体の悩み解決のツボ
リラクゼーション癒しのツボ
つらい不快症状を解消するツボ
我慢できない痛みを取り除くツボ
健康・美しさのツボ
五十肩の予防とリハビリ体操 イラスト図解
患者さまの声 鍼灸癒久
リンク集 鍼灸癒久
リンク集 鍼灸癒久

<関連書籍のご紹介>

「最新版 よくわかるツボ健康百科」2009.9月発売

体のツボがよくわかる「大地図帖」痛みや不調、美容に効く15の特効ポイント

長生きしたけりゃ、ふくらはぎをもみなさい

本当に効くツボが正しく押せる本

「経絡・ツボの教科書」~骨格入りでわかりやすい経絡経穴図<ビジュアル版> 2012/6/20発売

「体を温める」と病気は必ず治る~クスリをいっさい使わない最善の内臓強化法 [単行本]

「子宮を温める健康法」若杉友子おばあちゃん

「図解 すぐできる特効ツボ健康法」

「顔ツボ」1分マッサージ 小顔になる・シミ、シワ、たるみもすっきりきれい!電子書籍もあります。

実践編「体を温める」と病気は必ず治る

「新編 よくわかるツボ健康百科」

温め美人プログラム―「冷え」を取るだけで、女の悩みはすべて解決する [単行本] プチ断食、温熱食生活、体質を改善する入浴法

ツボがちゃんと押せる本。骨を目安に正しいツボの位置を解説。

「体温を上げる料理教室」若杉友子おばあちゃん

マンガでわかる!ツボは温めればもっと効く 2012/3/14発売

温熱療法でツボ刺激

「経絡・リンパマッサージ」からだリセットBOOK

見てわかるハンドリフレクソロジー―手は全身を映し出す簡単!癒しのテクニック[単行本]


簡単指圧テクニック~こり・痛み・疲れ・困った症状を治す

ウッドマッサージ棒 握りタイプ[クロス]バージンオイル付 自分でツボを押してみよう。

ウォーキングを習慣にしよう

歩数計「目標は1日1万歩」運動で肩凝り・挫骨神経痛も改善。


天然石ローズクオーツ 指圧・ツボマッサージ棒

Kindle版 電子書籍で経絡・ツボの勉強。読みたい書籍をリクエストしよう。

このホームページに掲載のイラスト・写真その他のコンテンツの無断転載を禁じます。