冷え性、頭痛、肩こり、腰痛、スポーツ障害、坐骨神経痛、更年期障害、自律神経失調症、うつ病などでお悩みの方はご相談ください。


癒久 鍼灸 さっぽろ
鍼灸 癒久 冷え性 肩こり 腰痛 自律神経失調症 うつ病

東洋医学のマメ知識


<自宅でできる簡単治療のツボ >
は行
冷え性 改善のツボ 「至陰(しいん)」 「大谿(たいけい)」

至陰・しいん 冷え性改善のツボ 押し方
体を冷やすということは、免疫力を弱めるということです。体温が下がるとインフルエンザウイルスを取り込みやすくなります。万病のもとともいわれるのが冷え性です。冷え性は肩こり、頭痛、腹痛、めまいなどさまざまな不快症状を引き起こします。

特に夏場は冷房や冷たいものを摂り過ぎる傾向があるので注意したいものです。
原因には、体質、自律神経の働きの乱れ、女性ホルモンの変動、生活習慣など多くの要因が考えられます。

至陰(しいん)は腎臓の働きを活発にする冷え性の特効ツボです。

体を冷やさないよう保温をこころがけるとともに至陰(しいん)のツボを押して、腎エネルギーアップ、免疫力アップしましょう。

 

至陰 (しいん) / 冷え性の改善に即効性がある至陰のツボは膀胱経のツボで足の小指にあります。

ツボの位置:足の小指のツメの生え際の外側の角からかかとの方向へ1~2ミリ行ったところ。

押し方:最初に小指全体をマッサージして血行を促します。至陰のツボを親指とひとさし指で左右からはさみ、※緩圧法で3~5分間指圧します。

大谿 (たいけい) / もうひとつの冷え性の改善に効く特効ツボは大谿(たいけい)です。

ツボの位置:くるぶしの頂点からアキレス腱の方向へなぞってくると(右図)大きなくぼみで指が止まるので、そこが大谿(たいけい)のツボです。

押し方:ツボの上に両手の親指を重ねて※緩圧法で3~5分指圧します。

女膝(じょしつ)/冷え性から来る女性特有の膀胱炎を予防(※膀胱炎の項参照)

575押し方

※緩圧法
1) 1、2、3、4、5 と数えながら、圧を加えます。
2) 1、2、3、4、5、6、7 と数えるあいだ深く押し続けます。
3) 1、2、3、4、5 と数える間に、力を抜き指は皮膚から離しません。
5、7、5 を3〜5分間くり返します。

 

冷え対策にとりたい根菜類

その他、冷え対策として身体を温める食物、ネギ、ショウガ、シナモン、根菜類(玉葱、にんじん、ハス、大根、ゴボウなど)を意識的に摂りましょう。
根菜イラスト画像(玉葱、ゴボウ、にんじん、大根、レンコン(ハス)、シナモン)


発酵食品(みそ、納豆、しょうゆ)は腸内環境を整えます。
酵素を積極的に摂って腸を整え体温アップ、皮膚の新陳代謝を高め便秘解消!
肥満/耳ツボダイエットのツボ 「飢点(きてん)」

代謝をよくしてカロリー消費をふやし、食欲をおさえるツボです。食べ過ぎや運動不足、精神的ストレスなどでなかなか適正な体重を維持するのが難しいという方に、ツボを押して基礎代謝をアップし、やせやすい体質づくりをしましょう。そのためには言うまでもありませんが、日頃から適度な運動を取り入れる習慣づくりも重要なポイントです。

飢点(きてん)/食欲を抑制する効果があるツボです。
耳の穴の前に軟骨の突起があり(耳珠)、その中央に位置するのが飢点のツボです。
押し方:食事の30分前に刺激します。ツボのある耳珠の部分を親指とひとさし指ではさみ、息を吐きながら強めに押します。息を吸いながら指を放します。これを3~5分間ほど続けましょう。
指そらし/指そらしの方法。肘をまっすぐ伸ばし、手のひらを上へ向けます。反対側のひとさし指と中指2本で刺激する親指の根元から外側にそらします。
◎ 親指そらしは顔やせに効果的です。
◎ひとさし指そらしは、二の腕やせ、胸やせに効果的。
◎中指そらしは上腹部やせ◎薬指そらしは、下腹部ウエストやせ。
◎ 小指そらしは脚やせ効果。
沢田流合谷は手の甲の親指の根元の手首のすぐ近くにあります。その合谷の方向へひねりながらそらすのがコツです。(※肥満体質を改善するツボの項参照)

飢点(きてん)ダイエットのツボ
沢田流合谷


5年以上かけて発酵・熟成した酵素。
膝の痛みを緩和するツボ 「陰谷/風市/曲線/膝関」
風市(ふうし)曲線(きょくせん)   


陰谷(いんこく)/

 膝内側上後方の痛みに効果的なツボ
ツボの位置:ヒザをくの字に曲げたときヒザの内側にできるシワのヒザ頭側の端が陰谷のツボです。
押し方:由香に腰を下ろし刺激する側の足を軽く曲げます。もう一方の足は伸ばし刺激する足を組みます。反対側の親指の腹で、3~5分間※緩圧法で指圧します。
風市(ふうし)/

直立に立ち腕をまっすぐ下ろします。足ふとももに中指が当たった中央が風市のツボです。
押し方:床に腰を下ろし、刺激する側の膝を曲げ、同じ側の親指の腹をツボに当て※緩圧法で3~5分間指圧します。
委中(いちゅう)/

ツボの位置:ヒザを曲げたときにヒザの裏側にシワができます。そのシワの中央が委中のツボです。

押し方:中腰になって左右の中指を重ねてツボに当て※緩圧法で3~5分指圧します。
曲線(きょくせん)/

 内側中心部の痛みに。曲線(きょくせん)ヒザの痛み
ツボの位置:膝を深く曲げたときにできるシワの親指側のいちばん端が"曲線”のツボです。
押し方:痛みのある法の膝を軽く立て、もう片方は伸ばしておきます。刺激する側と反対側の親指の腹をツボに当て、※緩圧法で3~5分指圧します。
膝関(しつかん)/

 内側下前方の痛みに。
ツボの位置:膝を深く曲げた時にできるシワの親指側の端が"曲線"のツボでそこからまっすぐ下へ親指の横幅分降りたところが膝関のツボです。
押し方:刺激する側の膝を立て、もう一方の足は伸ばします。刺激する側と反対の親指の腹をツボに当て※緩圧法で3~5分間指圧します。
ひ関(ひかん)/

位置:ふともものつけ根のシワのいちばん端から、手横幅3本分斜め下に下がったところにひ関のツボがあります。
押し方:正座か椅子座で親指の腹をツボに当て、※緩圧法で指圧します。

575押し方

※緩圧法
1) 1、2、3、4、5 と数えながら、圧を加えます。
2) 1、2、3、4、5、6、7 と数えるあいだ深く押し続けます。
3) 1、2、3、4、5 と数える間に、力を抜き指は皮膚から離しません。
5、7、5 を3〜5分間くり返します。


 

<膝痛>コンドロイチン・グルコサミン
不安感/低血圧/疲れやすい/だるい/不眠/動悸などには 「太白」

たいはく 太白 Taihaku 疲れやすい
太白(たいはく)/

 低血圧のために血液循環が滞るため、疲れやすい、不安感、だるい、不むん、動悸、息切れ、食欲不振、便秘、下痢など、さまざまな不調を感じます。太白を刺激すると血圧が正常にコントロールされ症状が改善されます。
ツボの位置:足の第1指の付け根の大きな関節の後方くぼみが太白のツボです。
押し方:刺激する側と反対の手のひとさじ指の腹で、つま先からかかとの方向へ息を吐きながらゆっくりとこすります。朝晩3回ほど繰り返すのを習慣にしましょう。

不眠症 改善のツボ「失眠(しつみん)」 「湧泉(ゆうせん)」

失眠・湧泉・不眠症のツボ
失眠 (しつみん)/

不眠には、2種類あります。

1)早期覚醒 = 眠りが浅く夜中に何度も目がさめる、一度目覚めるとふたたび眠りに入れない

2)入眠障害 = 寝付きが悪い

  不眠が日常化すると、自律神経などに影響をおよぼしホルモン異常や体のリズムが乱れるため、リラックスすべき時間帯に緊張がとれず睡眠障害を引き起こすことになります。不眠が高じると抑鬱状態に陥ったり、自分ではコントロールできない不快症状のため生活に支障をきたすこともあります。

ここちよい眠りを得るためには、寝る前に足を温めることも有効です。それから”失眠”のツボを親指やお線香の火を近づける、灸をするなどで刺激します。

左右両方の足のツボを刺激しましょう。

ツボの位置:「失眠」はかかとのふくらみの中心にあります。同じ足のうらにある湧泉も刺激するとさらに効果的です。
刺激の方法:「失眠」はどんかんなツボなので、おやゆびで押してもあまり刺激を感じない場合は、お線香の火を近づけたり離したりする温熱刺激を7~8回繰り返したり、灸をするなどで刺激しましょう。

腹部膨満感のツボ「商丘(しょうきゅう)」

商丘(しょうきゅう)/
  食後、とくに食べ過ぎたときなど、おなかが張ったように感じることがあります。このような症状は脾経の働きが低下して胃経に影響がおよんだために起こった不快症状です。
  商丘のツボは脾経を活性化し便秘や腹部膨満感を解消します。

 

ツボの位置:

足の甲の内側。もっとも内くるぶしに近いくぼみの中心にあります。
押し方:左右を見て、どちらか一方が腫れているでしょう。押してみるとどちらか一方に強い反応があるはずです。その側を重点的に刺激します。反対の手の親指の腹をツボにあて、他の4本の指を足の裏側に回して3〜5分間、断圧法で指圧します。

 

575押し方

※緩圧法
1) 1、2、3、4、5 と数えながら、圧を加えます。
2) 1、2、3、4、5、6、7 と数えるあいだ深く押し続けます。
3) 1、2、3、4、5 と数える間に、力を抜き指は皮膚から離しません。
5、7、5 を3〜5分間くり返します。



  53種類もの植物でつくられた植物発酵食品。酵素のちから。
便秘のツボ「左神門(さしんもん)」

さしんもん 便秘のツボ 左神門(さしんもん)/
ツボの位置:

足のツボ=左の足裏(右図)をマッサージします。曲げた指の関節で左図の濃い色のゾーンを強く押すと、腸のぜん動運動がはじまり便秘の解消に有効です。

腕のツボ=左側の神門のツボ(左下図)のことです。手のひらの横ジワを小指側の沿ってなぞると、かたい突起(骨の出っ張り)に当たります。その手前のくぼんだところが左神門です。左の手首の小指側にある左手だけを刺激しましょう。
刺激の方法:右手ひとさし指のハラで、ひじから指先の方向へさすります。息を吐きながら5回、息を吸うときは休んで、さらに5回と計5回ほど繰り返してください。

さらに、強く刺激を加える場合は、お灸や、お線香を使用します。お線香の場合はツボにお線香の火をを近づけ、熱さを感じたら離す温熱刺激を5~7回ほど繰り返してください。

 


「サイキン、腸内細菌の調子はいかがですか?」

偏頭痛(へんづつう)改善のツボ「風池(ふうち)」

風池(ふうち)偏頭痛改善のツボ頭痛が起きそう、と感じたときに効果的

 左右どちらかのこめかみの周辺がズキンズキンと脈打つように痛む偏頭痛。欠陥性頭痛ともいわれ、女性に多く見られます。ストレスや疲労のほか、月経周期に影響すると考えられています。風池は「悪い気が(邪気)が池のようにたまるところ」という意味です。頭痛が起きやすいひとは、このツボを押す習慣をつけると予防できます。

風池(ふうち)/

 側頭部が痛む場合。偏頭痛のある人は、風池のツボのまわりの筋肉が硬くなっていてしこりがあります。
ツボの位置:耳の付け根の後にV字にとがった乳様突起(丸いでっぱり)があり、その最下端とぼんのくぼの中央を結んだ線上の中間点が風池のツボ。
押し方:偏頭痛のある側の風池を刺激します。偏頭痛のある側のツボ周辺は硬いしこりになっています。ほおづえをつくようにツボと同じ側のひじをテーブルにつき、親指の腹で頭の重みを指にかける要領で指圧しましょう。※緩圧法で指圧します。

575押し方

※緩圧法
1) 1、2、3、4、5 と数えながら、圧を加えます。
2) 1、2、3、4、5、6、7 と数えるあいだ深く押し続けます。
3) 1、2、3、4、5 と数える間に、力を抜き指は皮膚から離しません。
5、7、5 を3〜5分間くり返します。

 

 


酵素の力で栄養がエネルギーに変わります。
野菜や果物の農薬が気になったら、洗浄するのに最適。
膀胱炎のツボ「女膝(じょしつ)」

じょしつ 女膝 膀胱炎のツボ
女膝 (じょしつ)/

 膀胱炎は再発しやすく血液の循環不良が関係しています。
ツボの位置:足のかかとの後ろで足の裏表の境目は色が変わっているのでわかります。表側は白く、裏側からは赤い(赤白肉際)かかと後の中央赤と白の線の境目が女膝のツボです。
押し方:刺激する方と同じ側の親指腹を女膝のツボに当て、3~5分間、断続圧法で指圧します。効果が得られない場合は、温熱療法をお試しください。

252押し方

※断続圧法

1) 1、2と数えながら、浅くサッと圧を加えます。
2) 1、2、3、4、5と数えるあいだ押し続けます。
3) 1、2 と数える間に、サッと力を抜き指を皮膚から離します。
2、5、2 を3〜5分間くり返します。

 


肌の調子がメキメキ変化します。
ボケ予防のツボ「四神聡(ししんそう)」

四神聡 (ししんそう)/

 四神聡のツボは脳の働きを高めるツボとしてよく知られています。

認知症予防のツボ 四神聡  このツボを刺激すると、脳に充分な酸素や栄養が行き渡り、代謝が盛んになるため老廃物を排出し、脳の働きが活発になります。
ツボの位置:頭のてっぺんの百会(ひゃくえ)のツボを探します。百会の中心からそれぞれ、左右前後の四方向に親指の横幅1本分放れた四カ所が四神聡のツボです。
押し方:四神聡のツボを中心に、温熱シャワー42℃程度で、2~3分間くらい当て続けましょう。1日1回、毎日続けることが大切です。



天然100%無添加 イチョウ葉エキス

緩圧法:「いち、にぃ、さん、しぃ、ごぉ」と数えながら圧を加えていき、「1、2、3、4、5、6、7」と数える間、深く押し続ける状態を保ち、「いち、にぃ、さん、しぃ、ごぉ」と数えながらゆっくり圧力をゆるめます。このとき指は皮膚から離しません。
断続圧法:気や血液を散らす方法で。「いち、にぃ」と数える間、浅く圧をかけます。
一定の強度に達したら1、2、3、4、5と数える間、圧をかけ続け「いち、にぃ」と数えながらすっと指を皮膚から放して圧を抜きます。
通常圧法:「いち、にぃ、さん」と数えながら圧を加えていき、「1、2、3、4、5、6、7 」と数える間、深く押し続ける状態を保ち、「いち、にぃ、さん」と数えながらゆっくり圧力をゆるめます。このとき指は皮膚から離しません。

女性の体の不調解消のツボ
  女性の体の悩み解決のツボ   こころのリラクゼーション・癒しのツボ
  つらい不快症状改善のツボ   痛みを取り除くツボ
健康・美しさのツボ   四十肩/五十肩の予防・リハビリ体操

 

 

 

 

逆引きツボ辞典

  「あ」ツボの名前   「か」ツボの名前
  「さ」ツボの名前   「た」ツボの名前

 

  「な」ツボの名前   「は」ツボの名前
  「ま」ツボの名前   「や」ツボの名前
  「ら」ツボの名前  

 

 

 

 

症状からさがすツボ

  「あ・い・う・え・お」症状改善のツボ   「か・き・く・け・こ」症状改善のツボ
  「さ・し・す・せ・そ」症状改善のツボ   「た・ち・つ・て・と」症状改善のツボ

 

  「な・に・ぬ・ね・の」症状改善のツボ   「は・ひ・ふ・へ・ほ」症状改善のツボ
  「ま・み・む・め」症状改善のツボ   「や・ゆ・よ」症状改善のツボ
  「ら・ろ」症状改善のツボ  

 

 

 

 

あめばブログ
女性の体の悩み解決のツボ
リラクゼーション癒しのツボ
つらい不快症状を解消するツボ
我慢できない痛みを取り除くツボ
健康・美しさのツボ
五十肩の予防とリハビリ体操 イラスト図解
患者さまの声 鍼灸癒久
リンク集 鍼灸癒久
リンク集 鍼灸癒久

<関連書籍のご紹介>

「最新版 よくわかるツボ健康百科」2009.9月発売

体のツボがよくわかる「大地図帖」痛みや不調、美容に効く15の特効ポイント

長生きしたけりゃ、ふくらはぎをもみなさい

本当に効くツボが正しく押せる本

「経絡・ツボの教科書」~骨格入りでわかりやすい経絡経穴図<ビジュアル版> 2012/6/20発売

「体を温める」と病気は必ず治る~クスリをいっさい使わない最善の内臓強化法 [単行本]

「子宮を温める健康法」若杉友子おばあちゃん

「図解 すぐできる特効ツボ健康法」

「顔ツボ」1分マッサージ 小顔になる・シミ、シワ、たるみもすっきりきれい!電子書籍もあります。

実践編「体を温める」と病気は必ず治る

「新編 よくわかるツボ健康百科」

温め美人プログラム―「冷え」を取るだけで、女の悩みはすべて解決する [単行本] プチ断食、温熱食生活、体質を改善する入浴法

ツボがちゃんと押せる本。骨を目安に正しいツボの位置を解説。

「体温を上げる料理教室」若杉友子おばあちゃん

マンガでわかる!ツボは温めればもっと効く 2012/3/14発売

温熱療法でツボ刺激

「経絡・リンパマッサージ」からだリセットBOOK

見てわかるハンドリフレクソロジー―手は全身を映し出す簡単!癒しのテクニック[単行本]


簡単指圧テクニック~こり・痛み・疲れ・困った症状を治す

ウッドマッサージ棒 握りタイプ[クロス]バージンオイル付 自分でツボを押してみよう。

ウォーキングを習慣にしよう

歩数計「目標は1日1万歩」運動で肩凝り・挫骨神経痛も改善。


天然石ローズクオーツ 指圧・ツボマッサージ棒

Kindle版 電子書籍で経絡・ツボの勉強。読みたい書籍をリクエストしよう。

このホームページに掲載のイラスト・写真その他のコンテンツの無断転載を禁じます。