冷え性、頭痛、肩こり、腰痛、スポーツ障害、坐骨神経痛、更年期障害、自律神経失調症、うつ病などでお悩みの方はご相談ください。


癒久 鍼灸 さっぽろ
鍼灸 癒久 冷え性 肩こり 腰痛 自律神経失調症 うつ病

東洋医学のマメ知識


<自宅でできる簡単治療のツボ >
あ行
足の疲れに効果的なツボ「三陰交」「足の三里」

三陰交(さんいんこう)足の疲れに効果的なツボ 図解イラスト
足の疲れや体の不調におすすめな万能ツボ

 足や全身の疲れに気持ちよく感じるツボです。腎経・肝経・脾経が交わるところです。

 更年期女性のホルモンバランスを整えることから、女性特有の、のぼせ、ほてり、イライラ、足の冷え、腰痛、膀胱炎ほかに効果的な万能ツボです。

三陰交(さんいんこう)/

 歩き疲れ、事務仕事などで足にむくみを生じたときに、刺激してください。
三陰交の位置:足の内くるぶしのでっぱりから、親指3つ分上の位置にあるツボ。
指圧法:両手親指を重ね、ツボに当てて中心に向かい深く指圧します。※緩圧法(3~5分)

 

足の三里(あしのさんり)/

 「こむらが返り」など、足の疲れからくるふくらはぎの痙攣には、「足の三里」のツボを刺激すると効果的です。足の疲れはもちろん、胃腸の働きを整えるなど万能ツボでもあります。
ツボの位置: ヒザの外側、骨の出っ張りの下のくぼみの中にあります。陽陵泉よりも下のくぼみです。
刺激法:床に座り足を前に投げ出し、やや横すわりになって片方のひざを曲げ、ふくらはぎを両手のひらで包むようにまわし、両手の親指の腹を重ねてツボの上に当て、やや強めに押します。

575押し方


※緩圧法
1)1、2、3、4、5 と数えながら、圧を加えます。
2)1、2、3、4、5、6、7 と数えるあいだ深く押し続けます。
3)1、2、3、4、5 と数える間に、力を抜き指は皮膚から離しません。
5、7、5 を3〜5分間くり返します。

アレルギー性鼻炎 改善のツボ「鼻痛点(びつうてん)」

鼻痛点(びつうてん)アレルギー性鼻炎改善のツボ 図解イラスト
鼻痛点(びつうてん)/

 アレルギー性鼻炎は、肺経の変動により発症します。アレルギー性鼻炎の治療には、大腸経のツボを用います。
鼻痛点の位置:鼻翼(小鼻)のつけ根
ツボの位置の取り方:鼻づまりがひどい方の小鼻を後頭部に向かって押すと響くように痛みを感じる一点があります。そこが鼻痛点です。
押し方:人差し指で鼻痛点を頭の中心に向かって数分指圧してください。次にもう一方の鼻痛点も同様に指圧します。

 

アトピー性皮膚炎・皮膚湿疹のツボ「肩ぐう(けんぐう)」

肩ぐう(けんぐう)/内関(ないかん)いらいらを解消するツボ 図解イラスト

 皮膚疾患の改善に効果を発揮するツボが「肩ぐう」です。アトピー性皮膚炎や湿疹は自律神経のバランスがくずれるために起きる疾患と考えられ、肺経の働きに異常があるため、大腸系の流れをスムーズにする必要があります。肩ぐうは「痒みを取る」特に効くツボです。
ツボの位置:肩にある肩ぐうのツボの見つけ方。片方の腕を地面に水平になるように真横に上げると、肩と腕の境目あたり、やや前方にくぼみができます。もう片方の手でさわってみると、わかりやすいです。筋肉と筋肉の間にあるくぼみがツボの位置です。押したときに痛みを感じる位置が肩ぐうのツボで、両肩にあります。
刺激法:温熱刺激が効果的です。より強い痛みを感じる方のツボを、1日朝晩の2回、お線香で温熱刺激をします。ツボに1センチ近く近づけて熱く感じたら離す、を7回程度くり返しましょう。温熱シャワーやドライヤーなども効果的です。指圧もよいでしょう。

イライラ 改善のツボ「内関(ないかん)」

内関(ないかん)いらいらを解消するツボ 図解イラスト内関(ないかん)/

 精神的なイライラの原因は、心をコントロールする心包経に異常が起こり、肝経の働きも悪くなるのでイライラがするのです。東洋医学では「肝は怒りをつかさどる」と考えます。

 心包経の"内関"を刺激すると自律神経のバランスが改善され肝経の働きも正常になるため、イライラが解消します。
ツボの位置:手首の中央に2本の縦に走る腱があります。手首の大きなシワから手の指横幅3本分、ひじの方向へ上がったところが"内関"のツボです。
押し方:押すといやな痛みがあったり、腫れがある側の内関にだけ押します。反対の手の親指をツボに当て、残りの4本の指を甲の側に回し、※緩圧法で指圧します。自律神経失調症でいつもイライラしている人は、朝晩2回行いましょう。

575押し方


※緩圧法
1)1、2、3、4、5 と数えながら、圧を加えます。
2)1、2、3、4、5、6、7 と数えるあいだ深く押し続けます。
3)1、2、3、4、5 と数える間に、力を抜き指は皮膚から離しません。
5、7、5 を3〜5分間くり返します。

胃炎(慢性胃炎・神経性胃炎)改善のツボ「れい兌(れいだ)」

 昨今はストレスやさまざまな精神的要因で胃の不調をかかえている方も増えてきています。胃液の分泌が乱れ胃の粘膜がただれる症状が胃炎です。

 胃の痛み、おなかの張り(腹部膨満感)、吐き気、さらには寒けやむくみ、足の痛みなどの症状も伴うことがあります。胃にたまった過剰な”気”を発散させることで、みぞおちのあたりの詰まった感じがスッと楽になります。

 

れい兌(れいだ)/

 東洋医学では胃炎は胃経の気血の流れが順調でないために起こる”気の病”と考えられ、ストレスなどの原因で胃が興奮状態にあり、痛みを感じたり不快症状が現れます。

 胃経のツボであるれいだは足の甲にあります。個々を指圧すると、胃の興奮を鎮める効果に優れ、胃炎の痛みや不快感に即効性があり、みずおちのあたりがスーッと楽になります。 
ツボの位置:足の人差し指の中指側のツメの生え際(つけ根)。左右の足をつまんでみて、痛い方を刺激しましょう。
押し方:左右の「れいだ」のうち、押すと飛び上がるほど痛い方を押します。床に腰を下ろし、痛い方の足を前に投げ出し足ひとさし指先端のツボをつまむようにして、※断続圧法で指圧します。(3~5分間)

慢性胃炎・神経性胃炎のツボ(れいだ)図解イラスト
252押し方

※断続圧法
1)1、2と数えながら、浅くサッと圧を加えます。
2)1、2、3、4、5と数えるあいだ押し続けます。
3)1、2と数える間に、さっと力を抜き指を皮膚から離します。
2、5、2を3〜5分間くり返します。

胃もたれ・胃下垂のツボ「肘りょう」「曲池」」

肘りょう(ちゅうりょう)胃もたれ・胃下垂 図解イラスト
肘りょう(ちゅうりょう)/

 胃下垂や食後の胃もたれ、むかつきの解消には、ちゅうりょうのツボが効果的です。

ツボの位置:手のひらを下に向けて腕を曲げながら前に持って来たときにできたシワの外側端にあるツボが「曲池」そこからひとさし指と中指2ほんの横幅分上に上がったツボが肘りょう(ちゅうりょう)のツボの位置です。
押し方:必ず食事と食事の間に行ってください。左右のツボを押してみて、反応の強い側にだけ指圧します。反対の親指をツボに当て他の4本の指で腕を包むように※断続圧法を行います。


252押し方

※断続圧法
1)1、2と数えながら、浅くサッと圧を加えます。
2)1、2、3、4、5と数えるあいだ押し続けます。
3)1、2と数える間に、さっと力を抜き指を皮膚から離します。
2、5、2を3〜5分間くり返します。

緩圧法:「いち、にぃ、さん、しぃ、ごぉ」と数えながら圧を加えていき、「1、2、3、4、5、6、7」と数える間、深く押し続ける状態を保ち、「いち、にぃ、さん、しぃ、ごぉ」と数えながらゆっくり圧力をゆるめます。このとき指は皮膚から離しません。
断続圧法:気や血液を散らす方法で。「いち、にぃ」と数える間、浅く圧をかけます。
一定の強度に達したら1、2、3、4、5と数える間、圧をかけ続け「いち、にぃ」と数えながらすっと指を皮膚から放して圧を抜きます。
通常圧法:「いち、にぃ、さん」と数えながら圧を加えていき、「1、2、3、4、5、6、7 」と数える間、深く押し続ける状態を保ち、「いち、にぃ、さん」と数えながらゆっくり圧力をゆるめます。このとき指は皮膚から離しません。

女性の体の不調解消のツボ
  女性の体の悩み解決のツボ   こころのリラクゼーション・癒しのツボ
  つらい不快症状改善のツボ   痛みを取り除くツボ
健康・美しさのツボ   四十肩/五十肩の予防・リハビリ体操

 

 

 

 

逆引きツボ辞典

  「あ」ツボの名前   「か」ツボの名前
  「さ」ツボの名前   「た」ツボの名前

 

  「な」ツボの名前   「は」ツボの名前
  「ま」ツボの名前   「や」ツボの名前
  「ら」ツボの名前  

 

 

 

 

症状からさがすツボ

  「あ・い・う・え・お」症状改善のツボ   「か・き・く・け・こ」症状改善のツボ
  「さ・し・す・せ・そ」症状改善のツボ   「た・ち・つ・て・と」症状改善のツボ

 

  「な・に・ぬ・ね・の」症状改善のツボ   「は・ひ・ふ・へ・ほ」症状改善のツボ
  「ま・み・む・め」症状改善のツボ   「や・ゆ・よ」症状改善のツボ
  「ら・ろ」症状改善のツボ  

 

 

 

 

あめばブログ
女性の体の悩み解決のツボ
リラクゼーション癒しのツボ
つらい不快症状を解消するツボ
我慢できない痛みを取り除くツボ
健康・美しさのツボ
五十肩の予防とリハビリ体操 イラスト図解
患者さまの声 鍼灸癒久
リンク集 鍼灸癒久
リンク集 鍼灸癒久

<関連書籍のご紹介>

「最新版 よくわかるツボ健康百科」2009.9月発売

体のツボがよくわかる「大地図帖」痛みや不調、美容に効く15の特効ポイント

長生きしたけりゃ、ふくらはぎをもみなさい

本当に効くツボが正しく押せる本

「経絡・ツボの教科書」~骨格入りでわかりやすい経絡経穴図<ビジュアル版> 2012/6/20発売

「体を温める」と病気は必ず治る~クスリをいっさい使わない最善の内臓強化法 [単行本]

「子宮を温める健康法」若杉友子おばあちゃん

「図解 すぐできる特効ツボ健康法」

「顔ツボ」1分マッサージ 小顔になる・シミ、シワ、たるみもすっきりきれい!電子書籍もあります。

実践編「体を温める」と病気は必ず治る

「新編 よくわかるツボ健康百科」

温め美人プログラム―「冷え」を取るだけで、女の悩みはすべて解決する [単行本] プチ断食、温熱食生活、体質を改善する入浴法

ツボがちゃんと押せる本。骨を目安に正しいツボの位置を解説。

「体温を上げる料理教室」若杉友子おばあちゃん

マンガでわかる!ツボは温めればもっと効く 2012/3/14発売

温熱療法でツボ刺激

「経絡・リンパマッサージ」からだリセットBOOK

見てわかるハンドリフレクソロジー―手は全身を映し出す簡単!癒しのテクニック[単行本]


簡単指圧テクニック~こり・痛み・疲れ・困った症状を治す

ウッドマッサージ棒 握りタイプ[クロス]バージンオイル付 自分でツボを押してみよう。

ウォーキングを習慣にしよう

歩数計「目標は1日1万歩」運動で肩凝り・挫骨神経痛も改善。


天然石ローズクオーツ 指圧・ツボマッサージ棒

Kindle版 電子書籍で経絡・ツボの勉強。読みたい書籍をリクエストしよう。

このホームページに掲載のイラスト・写真その他のコンテンツの無断転載を禁じます。